当日借りたい あなたの希望に答えてくれるサービスはこの3つ

プロミス

実質年利4.5%~17.8%
最短審査最短30分
最短融資即日

プロミスの初回利用時にメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすると、30日間無利息に!短期の借り入れならプロミスで決まりですね。

申し込みはこちら

レイク

レイク

実質年利4.5%~18.0%
最短審査画面に審査結果を表示
最短融資即日

テレビCMなどでもおなじみのレイク。新生銀行グループの銀行系消費者金融なので安心できます。

申し込みはこちら

モビット

モビット

実質年利4.8%~18.0%
最短審査最短10秒
最短融資即日

モビットなら自分の都合のいい方法で借金を返済できます。提携ATMで支払うもよし、口座振替で自動引き落としをしてもらうもよし。あなたならどっち?

申し込みはこちら



お困りの方はこちら → 消費者金融の審査が通らない?




今すぐ必要、スピード融資の選び方


とにかく今日中に融資をうけたい、少しでも早くお金が必要だ、という場合には、迷わず「スピード融資」に対応している消費者金融を選びましょう。「即日融資可能」とうたっている会社なら、さらに確実です。

申し込んだ当日中にどうしても融資をうけたい場合は、お金が必要になった時に出来るだけ早く申し込みを行うようにします。最近は消費者金融の申込みもWEBを使って行うことが可能です。WEB申し込みは24時間対応が標準なので、審査の取り扱いの時間外でも、とりあえず申込みだけ行っておきます。

申し込み後、審査とメール添付による必要書類の送付を済ませ、在籍確認の電話をクリアしたら手続きは終了です。ここまでの手続きがおおむね14時までに終了すれば、即日融資が可能です。また初回の融資はカードが手元にない状態ですが、指定した口座への振込という形で融資を行ってくれます。また自動契約機を持っている金融会社なら、14時以降でもその日のうちにカードを手にいれて、提携ATMなどから即時融資をうけることも可能です。





おまとめする時のコツ


複数の金融会社での借り入れを1社にまとめて借り換えることを「ローンのおまとめ」と言います。

ローンをおまとめすると、金利を下げて返済額を節約したり、返済日を1日にして管理を楽にしたりする事が出来ます。例えば50万円の借り入れを4社から借りている場合よりも、1社から200万円の借り入れにする方が金利が下がり、トータルでの返済額が少なくなります。また、信用情報の上でも借り入れ件数が減ってメリットが生まれます。

ローンのおまとめ先を探すには、まずおまとめローン用のコースを用意しているカードローンを選ぶのが手っ取り早い方法です。消費者金融系のカードローンの中には、おまとめローンとして商品を明記しているところがあります。こういったカードローンではおまとめとしての実績が多くありますので、おまとめ相談もスムーズに進める事が出来るでしょう。

また、限度額の大きいカードローンを探して、おまとめとして利用できるか相談するのも手です。借金をすべて取りまとめるのですから、それ以上の限度額の設定がある会社でないと、おまとめは難しくなります。できるだけ限度額の大きいところで、かつ金利の低いカードローンでおまとめ出来れば、おまとめローンとしては成功です。

お勧め>みずほ銀行カードローン




金利が低い会社で選ぶ


カードローンを選ぶ場合、金利が低いところに注目することは、ごく基本的なことです。

金利が低いと、最終的に返済する額が、直接的に節約できます。特に高額な借り入れや、長期にわたる返済を考えている場合には、少しの金利の差が大きく影響する場合もあります。まとまった借り入れを長期間で返済するプランを考えている人こそ、出来るだけ金利の低いカードローンの利用をお勧めします。

各会社とも、金利を調べていくと、○○%~××%、というように、金利に幅を持たせた記載になっています。
初めてその会社で借り入れをする場合は、まず、大きい方の金利か、それに近い金利になると思っておく必要があります。取引の浅い人ほど、最高金利に近い形での取引になりますが、その後利用履歴を積み、取引が長期間になっていくと、次第に低い金利が適応されるようになります。初めての借り入れの人ほど、最高金利に注目し、それが出来るだけ低いカードローンを探すようにしましょう。

もちろんカードローン選びには、金利以外にも考慮したい項目がたくさんあります。
審査の通りやすさや利便性・利用者へのサービスなども重要なチェック項目となりますが、やはり返済額の節約と言う点では、金利が低く使いやすいところを選ぶようにしましょう。





大手キャッシング会社で借りたい


初めてカードローンを利用する人なら、名前が通った昔からある会社で融資をうけるのが安心だ、と感じる人も多いでしょう。大手企業のキャッシングは、大手ならではの安心感と、長年培った顧客サービスが充実しているため、使いやすい仕組みがあります。

例えばキャッシング最大手のプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)は、特に利便性の良さと会員サービスの充実度で知られています。一般のフリーキャッシングだけでなく、レディス向けや自営業者向け、おまとめローン向けなどの各種プランがあるほか、WEBを使った手続きや融資の申込み・返済など、手続きの多彩さも魅力。メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をすれば、30日間無利息サービスも利用できます。

また、借り入れ後も、うっかり返済忘れを防ぐために、返済日をメールで知らせてくれるサービスや、借入金を振込先に自分の名義で直接振り込んでくれるサービスなど、借り手が「こうだったらいいのに」と思うようなサービスが用意されています。

このような充実したサービスの数々は、モビットレイクといった多くの大手企業のキャッシングが取り入れています。大手ならではの利便性や安心感でカードローンを選ぶのもおすすめです。





高額融資で選ぶなら


まとまった金額の融資を考えている場合や、複数の借金をまとめて借り換えたいと思っている場合は、限度額が大きいカードローンを選ぶ必要があります。 300万円程度の最高限度額を設定しているカードローンは多いですが、中には500万円以上の限度額を定めているカードローンも出て来ました。

最高限度額を高額に定めているカードローンは、実際に利用できる金額を多く設定してくれるところもありますが、総量規制の対象になるカードローンの場合は注意が必要です。
貸金業法の対象となる消費者金融系のカードローンでは、年収の三分の一を超えて貸し付けてはいけないという貸金業法の中の総量規制という縛りを受けます。いくら限度額が500万円のカードローンでも、年収が600万円の人なら、最高200万円までしか借りる事は出来ません。

それでは困る、という場合は、総量規制の対象外となる金融機関のカードローンを選ぶようにします。銀行系のカードローンは銀行法のもとに運営されていますので、貸金業法の総量規制の決まりとは無関係です。したがって審査の結果、高額の融資が可能になる場合もありますので、高額の借り入れを考えている場合は、銀行系のカードローンを選ぶのもひとつの方法です。

お勧めはオリックス銀行カードローンや三菱UFJ銀行のバンクイックです。



最新情報

【重要・審査通らない方へ】審査基準攻略のコツ審査の実態会員規約はココを読め!返済事故とブラックリストについて (1月21日 up!)

明細書は捨てるな返済がうまい人ピンチの対処法!無利子で借りる方法 (1月15日 up!)

オリックス銀行カードローンの審査が通りやすくなる?保証業務で新生フィナンシャルと提携!!  (11月28日 up!)

アメリカの消費者金融 ペイデイローンの恐ろしいからくり  (10月23日 up!)

レイクは抜け駆け銀行カードローンなの??  (10月23日 up!)

猫がついてくる住宅ローン!? ロシア大手銀行が売り出したびっくりキャンペーン!  (9月19日 up!)

モビットの詳細  (9月18日 加筆修正しました!)

年利5000%超!?上限金利も総量規制もなし?イギリスの消費者金融について  (9月2日 UP!)




借りやすい人の3条件とは!?

  • キャッシングは初めて
  • 1年以上今の仕事をしている
  • 25歳〜35歳
以上が消費者金融やキャッシング会社から借りやすい人の条件になります。
もちろん、これに当てはまらないと借りれない、ということではありませんが、もしこれから申込をしようと考えているあなたが、上記のような方ならラッキーということです。

 

借りやすい人はこんな人



借りやすい人って、具体的にどんな人なのでしょうか?
3条件を詳しく見て行きましょう。

初めての人が借りやすい理由 実際は初めてでなくてもいいのですが、、、要するに他社での借入がない人は有利になります。(初めての人だと必然的に借入0件になります)

また、過去にちゃんと返済している履歴があり、現在借入がないような場合、“ この人はしっかり返済してくれる人だ ”ということで信頼度が上がっているので、これもまた非常に有利に働きます(融資額も上がります)。

仕事による借りやすさ・借りにくさ 仕事はあなたの返済能力を判断する材料として重要視されます。また、勤務先への在籍確認は必ず行われますので、虚偽の報告だってできません(笑)

収入の大小は裏付けを取るのが難しいのでほとんど重要視されませんが、その一方で勤続年数(同じ勤務先にどれだけ長く努めているか)や、勤務形態(正社員なのかバイトなのかの違い)などが重要視されます。勤続年数は長い方がいいですし、勤務形態はバイトより正社員の方がいいのは言うまでもありません。

ちなみに、派遣社員はバイトと同じような扱いにされます。また経営者や自営業者などは、どんなに収入が多くても、たとえ数千万円の年収があろうと敬遠されてしまします。収益の安定性が不透明だからです。キャッシングにおいて最も信用度が高いのは、勤続年数の長い正社員(医者や公務員だとなお良い)、ということになります。

とは言っても、普通に仕事をしていればまず審査は問題ありません

働き盛りは大歓迎! 25歳〜35歳はまさに働き盛り! 収入も20代前半に比べて上がって来る時期です。とはいっても、結婚や出産などで出費も多い時期。働いていて収入も上がってくれば借りる必要ないだろう、とはいかないのです。

基本的に消費者金融は20代・30代をターゲットにしています。特に働き盛りの25歳〜35歳くらいの年齢で仕事についていれば、しっかり返済してくれる見込みが高いので、審査はまず問題なく通るでしょう。逆に銀行の融資は30代後半の人たちをターゲットに考えていて、しっかり住み分けがされているんですね。

 

借りにくい人はこんな人

  • 過去に遅延などの事故履歴がある
  • 複数の借入履歴がある
  • 生活が不安定


一方で借りにくい人はこんな人。まぁ当然と言えば当然、誰でも想像がつくような条件かと思います。
中でも過去の利用状況に延滞や債務整理をしたなどの事故履歴がある場合は、まず審査には通りません。他にも収入の大小や家族構成、勤務先などの条件によって審査に通りやすい通りにくいとありますが、逆に事故さえ無ければ借りれる可能性は十分にあるということなのでご安心を。

限度額や借入期間など思うようにはいかないと思いますが、悪条件の人でも融資は可能ですので諦めないでください。

⇒ 条件の悪い人にオススメなのは?


後悔先に立たず もしあなたに、過去返済が遅れたり返済しなかったりする経験があれば、借りるのは非常に困難になります。とは言っても、こういった情報はいつまでも残されるわけではないので、一定期間(5年〜10年)が過ぎれば借入することはできるようになります。

複数の借入履歴は不利 複数のキャッシングから借入している状況は警戒されます。その理由は、「1件の消費者金融からは少ない額しか借りられなかったから、複数の業者で借りて補っているんだ」と思われるからです。

1件で100万円借りる事ができれば、それだけ他社での信用度が高いと見なされますが、3件から合計90万円借りている場合は、1件ずつの借入額が低い=他社での信用度は低いと見なされるので、新たに借り入れる際はとても不利です。

借金を借金で返しているような状況の一部となってしまえば、貸し倒れのリスクが高まりますので、かなり用心されることは間違いないでしょう。

他社借入件数が何件以上だと審査に落ちるのか、という基準は各社それぞれです。3社までというところもあれば7社でもOKというところもあるみたいですね。(ハチ子が務めていたところは4社までは問題無しでOKでした)

複数借入がある方は、他社借入件数が多くても融資してくれる消費者金融を探すか、おまとめローンや、1社の借入限度額アップに挑戦してみるなどした方がいいですよ。


生活が不安定だと業者も不安・・・ 生活が不安定というのは、転職を繰り返していたり仕事が常になかったり、または引っ越しを繰り返しいたりとふらふらしている状態のことです。こういった状態だと、返済能力に疑問を持たずにはいられませんし、万が一返済が滞った時に住所不定だとどうしようもありません。

また連絡がつかない人は業者にとっては最悪です。電話に出ない、電話を解約するなどされてはたまったもんじゃなりませんからね・・・。借家で居住年数が少なかったり、携帯電話しか持っていなかったり、すぐに逃げられそうだと思われてしまうとアウトです。



  統計的に延滞しそうだと思われる属性がある



属性スコアリングといって、申込情報から過去の顧客データと照らし合わせて返済能力を判断されます。あなたの属性が、過去延滞や債務不履行に陥った人の属性と似ていれば、あなたの返済能力の可否に関わらず、審査に落ちる可能性があります。

例えば同居家族に延滞などの事故履歴がある場合や、普段連絡が取りにくい職業や収入が不安定な職業(水商売・自営業・漁師など)は断られるケースが多くなる傾向にありますね。

こういったことは全てコンピュータが判断していますので、実は消費者金融側の担当者も、審査落ちした本当の理由が分からない場合も多々あります。もちろん、明らかに信用できない場合は予測できたりもしますが・・・。

ちなみに同業者(勤務先が消費者金融やキャッシング会社)やヤクザの人は100%審査に落ちます。

 


24時間いつでも申込可能 ネット申込のメリットとは?

インターネットを使ってのキャッシングは、その手軽さから利用者が急速に増えていっています。それにどこの会社も今はインターネットキャッシングに力を入れていて、広告やテレビCM・ネットCMが盛んに行われていますよね。(つまり積極的にネットからの顧客獲得をしたいと思っているってことですよ・・・)

ネットからの申込の最大のメリットは、審査が早いという事!

必要事項を入力して待つだけで、10分程度で審査結果を知らせてくれます。そのためほとんど場合、即日融資が可能です。わざわざ出向いたあげく審査に落ちた・・・なんていう無駄なことがなくなりました(いい時代ですね)。

また、人と会わずに借入ができるため心理的な負担が少なくなりますし、24時間、365日受付を行っているところも多いので、急な出費などにもすぐに対応できますし、申し込みやすいというのも借りる側にとってはありがたい部分です。

ネットなら借入のシュミレーションもできる

ネット上の各消費者金融のサイトには、ほとんどといっていいほど借入や返済プランのシュミレーションのできるシステムが備わっています。借りたい金額、返せる見込みのある毎月の金額を入力したり、返済期間を指定したり、または返済回数で検討したりもできます。

実は、ネットだと金利も低め

ネットからの申し込みは審査がコンピュータ処理ですぐにできるため、人件費の削減になります。そのためネットからの申込の場合は金利を低めに設定している業者が多いのをご存知ですか?

借りるなら当然金利が低いにこしたことはありませんから、そういったことからも多くの人がネットからの申込に流れていっているのも当然といえるでしょう。とは言っても、実は申込がややこしいと感じていたり、取っ付きにくかったりするという人も少なくありません。 ここでは今多くの人がキャッシングに利用しつつあるインターネット申込についてお伝えします。

  インターネット申込の手順

インターネットで申し込む場合は以下のような流れになります。

借入金の受け取り方によって手続き方法が違ったり、また会社ごとにも異なりますので一概にこの通りとは言えない部分がありますが、大手の会社はほぼこの流れですので申込の前にあたふたしないように確認しておきましょう。

申込から審査まで

(1)申込

消費者金融やキャッシング会社のサイトの申込みフォームに必要事項を入力します。 主な入力内容は、名前・住所・職業などの個人情報から、年収や勤務先などです。融資先が口座の場合は口座情報なども必要です。

また本人確認書類の提出もパソコンからメールなどを使って行います。 やり方は書類を写メなどで撮影してメールに添付して送付するだけです。

(2)自動審査

申込みフォームに入力された内容をもとに審査が行われます。審査時間はだいたい5分〜10分とうたっているところが多いですね。 これだけ素早い審査ができるのは、スコアリングによるコンピュータを使った審査を行っているからなんです。

(3)本審査と結果の連絡

自動審査の結果融資OKとなった場合は、電話かメールで連絡がきます。借入希望金額や返済プランなどの最終確認を、メールや電話などを使って決定していきます。

そして最終審査の決定がくだされます。

 

審査完了後から受け取りまで 申込後の審査が無事に終われば、お金の受け取り方がいくつかあるので、希望の方法でお金を受け取りましょう。 1.口座振り込み希望の場合(最速!)

(4)入金

審査が問題なく終了し借入が決定すると、すぐに指定した口座に入金されますので引き出しましょう。キャッシング専用カードや契約書類は後日郵送で送られてきます。

(5)契約書・カードの受け取り

借入金が入金されても、まだ手続きは完了ではありません。後日キャッシング用のカードと契約書が送られてきます。

 

2.ATMなどでの受け取り希望の場合

(4)来店して現金受け取り

来店といっても最寄りの自動契約機へと出向くだけです。少々面倒ですが、その場で現金の受け取りとカードの発行ができます。

もちろん店頭窓口へ出向いても構いませんが、顔を合わしたくない…ということでのネット利用でしょうから事前に最寄りの契約機を調べておきましょう。この場合は、申込の際に必要書類を提出するのではなく(冒頭(1)の作業)、来店時に書類を提出することになります。

 

3.郵送希望の場合

まぁ、ネットで申し込んでおきながらわざわざ時間のかかる郵送で対応したいと思う人はいないと思いますが…一応ネット申込 ⇒ 郵送対応もできますので簡単に流れを説明しておきます。

と言っても、簡単に言えば1.の手順の逆パターンです。つまりまず契約書類やカードが先に送られてくるので、そこに必要事項を記入して返送します。そしてキャッシング会社に受領されたらキャッシングOKということで、カードを使って現金を借り入れることができるようになります。

ちなみに、基本的にお金を借りたい人は急ぎのはずなのに、時間のかかる郵送を選択すると、逆に不審がられるので注意!

今日借りたい、ピンチな方は10秒審査、ウェブ完結のモビット3秒診断のアコムを検討してみるものひとつの手立てです。  




消費者金融で即日キャッシングTOPへ